浄化槽の種類

浄化槽の種類
TOPページ > 浄化槽についての知識 > 浄化槽の種類

浄化槽の種類

浄化槽には大きく分けて単独浄化槽と合併浄化槽に分かれています。それぞれの処理能力は単独浄化槽では BOD除去率65%以上、放流水のBOD濃度90mg/L以下、合併浄化槽では BOD除去率90%以上、放流水のBOD濃度20ppm以下 であることが定められています。
日本では2001年4月 に単独浄化槽の新設が禁止され、現在は合併浄化槽のみが新設の浄化槽として認められています。


単独処理浄化槽
単独処理浄化槽の処理能力トイレの汚水のみを高い能力で浄化する浄化槽でしたが、時代が進むにつれトイレの汚水のみだけでなく、風呂場や台所から排出される生活雑排水が河川や海の水質汚濁の原因となる割合が増えたため、生活雑排水も浄化する合併浄化槽が設置されるようになりました。 浄化槽法により、平成13年4月1日から製造・販売が禁止され、単独浄化槽は設置することが不可能になりました。
合併処理浄化槽
合併処理浄化槽の処理能力BODを除去する目的の浄化槽で、現在では この方式が一般的になりつつあります。 構造方法・例示仕様型(告示型)ともいいます。
嫌気ろ床槽に入った汚水は、固形物が取り除かれ、ろ材の表面に付いた嫌気性微生物により有機物が分解され、さらにもうひとつの嫌気ろ床層を通って同じ処理が繰り返された後、接触ばっ気槽に入ります。ここで、水は空気で撹拌(かくはん)されながら、好気性微生物によりさらに処理されます。
浄化槽の仕組み

次のコンテンツは・・・

浄化槽についてのコンテンツ
  • 生活排水について
  • 浄化槽の種類
  • 浄化槽の仕組み
  • 浄化槽管理者の義務
  • 浄化槽の使用上の注意
  • 地震や災害時の浄化槽対策
  • 浄化槽Q&A

浄化槽についての知識

事業内容と実績報告

組織概要・名簿

環境会館へのアクセス

このページのトップへ
サブコンテンツ 一般社団法人 和歌山清掃連合会・和歌山環境整備事業協同組合