講習会・研修会実施報告

講習会・研修会実施報告
TOPページ > 事業内容 > 講習会・研修会実施報告

講習会・研修会実施報告

浄化槽清掃実務者講習会(第5回 和歌山会場)
研修の様子 主  催 公益財団法人 
日本環境整備教育センター
日  時 2017年4月22日(土曜)〜
  4月23日(日曜日)
会  場 和歌山市南大工町  「環境会館 5F」
参加人数 86名
研修内容

2日間にわたり、浄化槽の清掃業務を現場で従事される方々が、清掃作業に関する基礎知識、技術等を習得するための講習会を実施しました。

このページのトップへ
第11回 農集排維持管理 研修会
 一般社団法人和歌山県清掃連合会議員顧問研修会
研修の様子 主  催 全国環整連事業部会
一般社団法人和歌山県清掃連合会
日  時 2015年1月28日(水)
会  場 紀州南部ロイヤルホテル
参加人数 約130名
研修内容

「農集排汚泥の利活用」をテーマに全国環整連事業部会と共催で議員顧問研修会を開催しました。

吉村会長の開会あいさつから始まり、議員顧問団代表 中村裕一県議会議員のあいさつがありました。続いて、全国環整連 吉村英樹 事業部会長から研修会の趣旨説明がありました。

その後、講演に移り、JARUSからは全国的な現状について、螢リアからは実際に行われている集排汚泥の地域還元システムについて、そして、県内ではみなべ町をモデルとした農集排汚泥の利活用の提案を会員である蠕昌鎧唆箸行いました。

講演内容

農業集落排水事業の現状と汚泥のリサイクル
一般社団法人地域環境資源センター
  技術監  佐藤 進 様

福知山市 旧夜久野町での集排バイオ泥を利用した農地還元システム
株式会社クリア
  代表取締役 山口 弘喜 様
       課長 衣川 淳也 様

みなべ町での循環型社会の構築に向けて
 有限会社 西山産業
  代表取締役  西山 孝三 様

このページのトップへ
一般社団法人 和歌山県清掃連合会 研修会
研修の様子 主  催 一般社団法人 和歌山県清掃連合会
日  時 2014年2月28日(金)
会  場 新宮市職業訓練センター 1F大教室
参加人数 約110名
研修内容

一般社団法人和歌山清掃連合会は、排水処理システムとしての機能性と厳格性が求められる浄化槽の維持管理についての問題点を踏まえ、浄化槽関連団体と連携してシステムの構築や浄化槽設置普及に取り組んできました。

その一つの成果として、浄化槽の適正な維持管理を徹底し、水環境の保全と管理者の利便性向上を目的とした一括契約の推進を図るため、平成25年8月に和歌山県浄化槽らくらく管理推進協議会を設立しました。

今回、この取り組みを知ってもらうとともに和歌山県内の生活排水処理の現状と課題を考察し、地域の水環境の保全に寄与することを目的として開催されました。

講演内容

和歌山県の水環境
和歌山県環境管理課環境保全班
  班長  赤坂 安司 様

清掃・保守点検・法定検査の三業種が連携する重要性
公益社団法人和歌山県水質保全センター  事務局次長 中谷 匡登 様

このページのトップへ
社団法人 和歌山県清掃連合会 議員顧問研修会
「市町村による生活排水処理方式の選択」
研修の様子 主  催 社団法人 和歌山県清掃連合会 議員顧問団
協  賛 社団法人 和歌山県清掃連合会
和歌山県環境整備事業協同組合
日  時 2012年11月13日(火)
会  場 ホテルグランヴィア和歌山 6F
参加人数 約200名
研修内容 和歌山県内市町村の地域の実情に適した生活排水処理について、集落排水施設をはじめとする集合方式と市町村設置型浄化槽をはじめとする個別処理方式のメリット、デメリット等について考察していく研修会を実施しました。
地方財政の有効性等の観点から地方行政が正しい選択をするための一つの助けとなることを目的として開催されました。
講演内容

市町村設置型浄化槽取組み事例
高野町元環境整備課長 今井 俊彦 様

法定検査の現状と浄化槽による生活排水処理
一般社団法人 和歌山県水質保全センター
事務局次長 中谷 匡登 様

和歌山県におけるよりよき生活排水処理のために 〜集落排水事業を事例として〜
琉球大学農学部地域農業工業科
教授 中野 拓治 様

このページのトップへ
社団法人 和歌山県清掃連合会 議員顧問研修会 「地方財政と生活排水処理」
〜浄化槽維持管理システムの確立をめざして〜
研修の様子 主  催 社団法人 和歌山県清掃連合会 議員顧問団
協  賛 社団法人 和歌山県清掃連合会
和歌山県環境整備事業協同組合
日  時 2010年9月27日
会  場 ホテルグランヴィア和歌山
参加人数 約200名
研修内容 講演では、スライドを交えて、(社)和歌山県清掃連合会が取り組んでいる浄化槽維持管理システムの県内研修会の報告、(社)和歌山県水質保全センターが推進している浄化槽維持管理一括契約の説明と浄化槽台帳の整備計画そして県内市町村に対する浄化槽の普及促進のための活動状況などが説明されました。
講演内容

浄化槽維持管理システムの構築
社団法人 和歌山県清掃連合会
浄化槽部会長 玉置 忠義

浄化槽一括契約への取り組み
社団法人 和歌山県水質保全センター
事務局次長 中谷 匡登

市町村設置型浄化槽の推進に向けた取り組みについて
社団法人 和歌山県清掃連合会
青年部会長 宮原 靖明

浄化槽台帳の整備について
社団法人 和歌山県水質保全センター
管理分析室主幹 西出 新一

このページのトップへ
第1回 「環境対策とビジネス」 講習会
研修会の様子 主  催 社団法人 和歌山県清掃連合会・和歌山県環境整備事業協同組合
協  賛 社団法人 和歌山県産業廃棄物協会
後  援 和歌山県・和歌山市
日  時 2009年2月21日
会  場 ホテルグランヴィア和歌山
参加人数 約200名
研修内容 社団法人 和歌山県清掃連合会
会長 吉 村 英 夫
来賓挨拶 経済産業大臣 二 階 俊 博 様
講演内容

演題「環境問題とその対策
あなぐまチームの活動

和歌山大学
システム工学部
環境システム学科
教授 中 島 敦 司 様


演題「環境対策とビジネス
〜メタンガス削減のビジネスチャンス〜

経済産業省
産業技術環境局長 鈴木 正徳 様

その他 二階大臣は国の政策としてCO2削減のための政策を新予算の中でも展開する予定であると力強く祝辞を述べられました。和歌山県環境生活部 井口部長が和歌山県の環境対策を含め重要な課題であるとの認識を述べられました。
このページのトップへ
社団法人 和歌山県清掃連合会顧問研修会
研修会の様子 日  時 平成19年1月16日
会  場 和歌山東急イン 3階 「万葉の間」
出 席 者 県議会議員16名、(社)和歌山県清掃連合会理事及び各部会代表23名
研修内容 本研修会は国の財政、地方の財政が公債に依存しつづける危機的状況の中で建設や維持管理のためにさらに借金を重ね続けなければならない下水道について研修し、正しい県政のあり方について考える勉強会として当連合会の議員顧問団のうち、16名の県会議員の先生方にご出席いただき開催されました。
講演内容

下水道と公費負担・地方財政の現状について
岐阜県環境整備事業協同組合 早川仁史 様


和歌山県の下水道計画と選択について
財団法人 日本環境整備教育センター 小川 浩 様

その他 二階大臣は国の政策としてCO2削減のための政策を新予算の中でも展開する予定であると力強く祝辞を述べられました。和歌山県環境生活部 井口部長が和歌山県の環境対策を含め重要な課題であるとの認識を述べられました。
このページのトップへ
このページの関連コンテンツ

浄化槽についての知識

事業内容と実績報告

組織概要・名簿

環境会館へのアクセス

このページのトップへ
サブコンテンツ 一般社団法人 和歌山清掃連合会・和歌山環境整備事業協同組合